赤見屋 本店(佐野ラーメン・栃木県佐野市)

赤見屋 本店(佐野ラーメン・栃木県佐野市)

#street
#japan
#food

#154
#佐野ラーメン赤見屋本店
#佐野古式純青竹手打ち麺
#食堂赤見屋本店

栃木県佐野市にお店を構える赤見屋本店は創業が1954年(昭和29年)になる
佐野ラーメン屋さんでも特に古い老舗の1店になり現在で2代目と3代目を軸に
佐野ラーメンの代名詞で有る青竹手打ち麺でも古式と例えたら良いか解らないが
仕込み時間と労力が掛かる純青竹手打ちをされてるお店である。
純手打ちとなると夜明け前から麺打ちが始められるらしく2代目と3代目さんで
長年培われた技術の継承をキッチリされてる証に佐野古式純手打ちだと即解る
細かな気泡が綺麗に麺に入る特徴が回ってる佐野ラーメン屋でも1番解るお店で
麺との食感違いを楽しめるワンタンはラーメンを作る際に一手間掛かるので
仕込みの手間やお客回転スピードを重視されてるお店では省かれたりもされるが
老舗の伝統の技術と具材表現の1つなる自家製ワンタンが最高レベルで表現されてるお店の1店でもある。
麺は古式純手打ち麺のお店ならではのプリプリ弾性の中加水〜高加水に感じる麺を
中サイズ〜中細サイズの厚みに平打ちし細目に乱切り縮れ麺に仕上げられ
スープも解り易い中華スープで獣系・節系・野菜系等をメインに使用され
老舗佐野ラーメン屋の代名詞の1つとなる醤油色が解り易く入ってるが
凄く後味サッパリ系に仕上げられ他メニューと食べ合わせ易く仕上げられている。
赤見屋本店は食堂的なメニュー構成で佐野の美味い水から出来る
米の中でも最高評価の1つで有る栃木米を使用され艶々の米で出される米系メニューや
佐野餃子の原型と思えるデカ目の餃子等と一緒に
最高に美味い佐野ラーメンと食べれる佐野ラーメン屋さんでも
麺もメニュー構成も希少なお店の1店で是非お勧めするお店である。

オーダーは、ワンタン麺大盛り・玉子丼

栃木県カテゴリの最新記事